ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

97

工作

学生さんは、もう夏休みに入ったのでしょうか?
梅雨が明けてからというもの、セミがわんわん鳴いてます。
3連休に実家に帰ったら、子どもたちが川で遊んでいました。
すでに腕も顔も足もまっくろに日焼けして。

その週末、久しぶりに工作をしました。

小学生の頃は、夏休みに毎年貯金箱なんかを作って提出していました。
ほとんど父親に手伝ってもらってだったのですけどね。

今回は頑張って自分一人で作りました。
初めてはんだ付けにも挑戦しました。

何を作ったかというと、
ゲルマニウムラジオです。

ゲルマニウムラジオは、鉱石の力で電波を受信する、
電池の要らない不思議なラジオなんです。

わたしがこのラジオに興味を持ったのは、
小林健二さんという作家さんの作品に出会ったからです。
小林さんの作品は、鉱石を使った宇宙と交信するような、
不思議な世界のものたちで、
今にとっては普通じゃないこのラジオから
どんな音が聞こえてくるのかどうしても聞いてみたくなったのです。

真空管がラジオが普及するまで用いられたもので、
わたしの父の世代は子どものころに作ったそうです。

エナメル線を巻いて、コイルを作って、
バリコンに繫いで、ダイオードを繫いで、
夜中に必死に作りました。

不器用な私にしてはまあまあの出来かなあと思ったのですけど、
アンテナが悪いのか、やっぱり作り方が悪いのか、
どうしても受信が出来ませんでした。

すごく悔しかったので、
もうちょっと勉強して、また挑戦して見ようと思います。

一度でいいから、
この不思議な石の力で電波を受信して
ラジオを聞いてみたいです。



germa_set.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2010-07-22 (Thu)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。