ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 渋柿きのこ

    渋柿きのこ

    2010-06-23 (Wed) 08:18

    はじめまして(^o^)/
    3Dは最近やたらブームですが3Dテレビがまだまだ高いところをみると…普及は難しいかもですね

    メガネをかけると画面を暗く感じたり、長時間見続けると2Dと違いがわからなくなる
    なんてデメリットも聞きますしね

    個人的には3Dよりも、有機ELテレビに期待してます
  2. 梓書院:ソエジマ

    梓書院:ソエジマ

    2010-06-23 (Wed) 09:42

    渋柿きのこ 様>
    コメントありがとうございます!
    3Dテレビはまだまだ高いですね。
    どんなに世間で話題でも、製品の値段が下がるまではなかなか普及しないと思います。
    その点では、安価なニンテンドー3DSが案外火付け役になるかも・・?とも。新技術の先導役はいまやゲームかもしれません。
    ただ、自分は3Dではなく2Dでも十分と考えていますが。

    有機ELはエコな意味でも普及が楽しみですが、こちらもやはり値段がネックのようで・・
    液晶のように値段が下がるのが期待されますね。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

85

トラックバックテーマ 第983回「3Dについて、どう思いますか?」

こんにちは。今回のブログ担当の副島です。
日本全国梅雨景色となりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
天気予報では曇と雨マークが並んでいますが、降水確率30%という日に傘を持っていくかは悩みどころです。
30%ですから3割、野球で言えばイチロー並のよい打率なのですが、こと、天気に関してはそれほど雨が降るような気がしないものであります。
考えれば、60%だって4割は雨が降らないし、90%だって1割は雨が降らないのですから、100%と言わない限りうっかり降らなくても別に天気予報士さんの腕が悪いわけではないのですよね。
しかし、傘を持っていたときに限って晴れてたり、持っていなかったときに限って雨が降ったりするような経験はよくある気がします。なぜか悔しい。
やはり、いつもカバンに折畳み傘を忘れずに。


さて、今回は、面白いトラックバックテーマが目に留まったのでお借りしたいとおもいます。


------

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「3Dについて、どう思いますか?」です。突然ですが、3Dについて、みなさん、どう思いますか?3Dテレビも、店頭に並んだりしていますよね!ニンテンドー3DSも発表されましたので3Dブームが巻き起こっているように思います。水谷は、昔は3Dよりも、2D派だ�...
トラックバックテーマ 第983回「3Dについて、どう思いますか?」


------

とまあ、今話題の3Dについてです。
いま、3Dといえば映画ですね。最近の映画予告には、よく「3D同時上映!」のような広告が一緒についています。
自分はまだ体感したことが無いのでなんともいえないのですが・・知人は「とても面白かった!」と言っておりました。
個人的には、自分が眼鏡をかけているのもあり、3D眼鏡をかけてまで見るものではないかなあ、なんて思ってみたり。
けれども、実際に体験すれば感想は変わるかもしれませんね。

3Dと言われて最初に思い浮かべるのは、実は昔雑誌のおまけについてきたような、赤と青のセロファンがついた、あの紙製の眼鏡であったりします。
それを通して、赤と青のインクで描かれた雑誌のページを読んでいたのも良い思い出です。
そもそも、なぜ3D映像が3Dに見えるか、というと、右目と左目から入る視界がずれているからです。(視差というらしいです。)
人が現実世界で立体的なものを見るとき、それぞれの目から見える左側と右側を同時に認識していることで「立体感」を感じているといえます。
そこで、赤と青のインクで、少しだけずれて描かれた絵をセロファンを貼った眼鏡を通すことで、視差をつくりだしているわけです。
人が最初に立体的にして見たいと考えた二次元は、間違いなく紙媒体、本でしょうから、このセロファンが今ある3Dの元祖なのでしょうね。

さて、いままでの3Dは主に、今のような眼鏡などの手口で左右の映像をずらして立体化させるものでしたが、最近は眼鏡なし、肉眼で3Dになる画面が開発されたのをご存知でしょうか?
私も説明を聞くまでは半信半疑だったのですが、「3D液晶」というものがあるそうです。
これは、2種類のずれた画面を細かく交互に表示させて、この画面後に細かな穴の開いたついたてをつくって、光の通るところ・通らないところを利用し、左目は左目の映像だけを、右目は右目の映像だけを見せるように細工してあるものだということ。(もちろん2Dとの切り替えもできます)
私の説明では全く解らないかとおもうので(笑)、Wikipediaの詳しい解説をどうぞ。こちら

この3D液晶を利用して、携帯ゲーム機ニンテンドーDSも「3DS」として新機種がでるのだとか。
携帯ゲームで3Dになるなんて、予想もしなかったことです。
さて、DSでできるのなら、他の液晶機器でできないことはないわけですから、そのうち3D対応iPadなんかが登場するかもしれません。
そうすれば、「とびだす図鑑」なんかについてくるセロファン眼鏡は、ついにお役ごめんとなってしまうのでしょうか。それはそれでさみしい気もしますが。



人は、映像効果には特に技術を詰め込んでいるような気がします。
写真のようなリアルさ、3Dという立体感。
そんなリアルさもいいけれども、どこか温かみのある2Dの世界もすてがたいな、と思ったりもするのでした。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2010-06-18 (Fri)
  • Category : 未分類
2

Comment

  1. 渋柿きのこ

    渋柿きのこ

    2010-06-23 (Wed) 08:18

    はじめまして(^o^)/
    3Dは最近やたらブームですが3Dテレビがまだまだ高いところをみると…普及は難しいかもですね

    メガネをかけると画面を暗く感じたり、長時間見続けると2Dと違いがわからなくなる
    なんてデメリットも聞きますしね

    個人的には3Dよりも、有機ELテレビに期待してます
  2. 梓書院:ソエジマ

    梓書院:ソエジマ

    2010-06-23 (Wed) 09:42

    渋柿きのこ 様>
    コメントありがとうございます!
    3Dテレビはまだまだ高いですね。
    どんなに世間で話題でも、製品の値段が下がるまではなかなか普及しないと思います。
    その点では、安価なニンテンドー3DSが案外火付け役になるかも・・?とも。新技術の先導役はいまやゲームかもしれません。
    ただ、自分は3Dではなく2Dでも十分と考えていますが。

    有機ELはエコな意味でも普及が楽しみですが、こちらもやはり値段がネックのようで・・
    液晶のように値段が下がるのが期待されますね。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。