ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

8

放生会の季節です。

はじめまして。梓書院スタッフの副島と申します。

実は、私はこの9月より入社したばかりの、一番下っ端の新人です。
優しい先輩方に多大なるご迷惑をおかけしながら、ひとつひとつ仕事を
学んでいる最中であったりします。
まだまだ何も出来ない人間ではありますが、そのうち書籍の編集等にも
関わるかと思いますので、以後お見知りおきをお願いいたします。



さて、このブログは県内はもちろん、全国各地からご覧になられているかと
思いますので説明いたしますと、当社は福岡、博多に程近い千代町に
現在事務所を構えております。
この周辺は有名な山笠の千代流にも含まれる地区で、毎年7月には
お祭ムードが漂うのですがここではひとまずおいておきましょう。

福岡市には「博多三大祭り」と称するものがあり、有名な5月の「どんたく」、
7月の「山笠」のほか、9月のこの時期の一週間(12~18日)、当社にも
程近い筥崎宮にて「放生会」という祭が催されます。
これは、元は仏教より取り入れられ、「生命を慈しみ、秋の実りに感謝する」
祭として行われているものです。
他の二つの祭のように大きな盛り上がるイベントがないため幾分地味では
ありますが、祭の期間中は本殿から続く1kmの参道に500を超える露店が
立ち並び、休日には多くの人で賑わいます。

限定モノとして、博多人形師が作るおはじきや、巫女さんが絵付けを行う
「チャンポン」(「ビードロ」でも知られる、音が出るガラス玩具)が有名で、
これらは初日発売直後には売り切れてしまうそうです。
また、この放生会で、秋の名物として葉付きの新ショウガを買って帰るのが
伝統となっています。
他にも古風なお化け屋敷、出し物小屋なども並び、普通の縁日とは一風
変わった露店街もまた見ものです。

この時期にお近くに立ち寄った際は、是非足を延ばしてみてはいかがでしょうか。



さて、時事ネタでお茶を濁してみましたが、いかがだったでしょうか・・

こんな調子で次の方にバトンタッチをさせて頂きたいと思います。
次の火曜をおたのしみに!
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2009-09-11 (Fri)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。