ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

69

サハラに舞う信条

皆様こんにちは。気がついたら新卒社員じゃなくなっていた前田です。

思い返せば色んなことがあったな~と、思い返す余裕があったりなかったりする、大変ありがたい毎日を今日も過ごさせていただいております。


さて、それでは本題にいくとしましょう。

突然ですが、皆様は福岡にモスクがあるのをご存知ですか?

自分も最近知ったのですが、
福岡市は東区箱崎にイスラム教のモスク、すなわち礼拝堂があるんです。

面白そうだから、見に行ってみない?と知人からお誘いをうけて、先日ドキドキワクワクしながら礼拝を見学してきました。

扉をくぐると、そこは空気から何から普段のそれとは全く違う、小さな外国そのものでした。
ほとんどが外国の方でしたが、中には日本人信者の方もちらほら。

そんなこんなで、
説法とお祈りを見学した後、日本人のスタッフさんにいろいろと話を伺ってきました。


お話によると、この福岡モスクは建立から今年で二年目だそう。

やはり、当初は地域住民から反対を受けたりで大変だったようです。

イスラム教=テロというイメージが先行して、イスラム教は怖い、危ない、と思う方が多く、理解と同意を求めるのにかなりご苦労をされたとのこと。


今回見学するにあたって、
純粋な好奇心から覗いてみたかったというのもありましたが、

本当の興味は、
イスラム教ってよく分からないけど、どんな宗教なんだろうか?
この機会に、イスラム文化をちゃんと理解してみたい、というところにありました。


テロ、断食、女性は顔を隠す、豚はダメ、お酒はダメ…
そういう断片的なイメージや知識、偏見めいたものはあっても、
何故そんな決まりがあるのか?とか、そういう教えが人々の生活や心の中にどう根付き、浸透しているのか?
といったことはあまり考えたことはありませんでした。


そもそも、イスラム教がどんな宗教なのか理解したいと思ったきっかけは、
大学時代に恩師から聞いた、

「イスラムは、自由と引き換えに平和を手にした」

という言葉を思い出したことにもあります。


次回以降でその辺にも触れたいと思います。
ひとまず今回はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。