ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

67

色に関するいろいろなつぶやき

こんにちは。

実は昔、大学では化学を勉強していました副島です。

そのなかでも、無機化学と呼ばれる金属や錯体を中心とした分野を専攻していました。

白衣を着てフラスコを振っていたのもいい思い出です。(笑)

副島にそういう話題を振ると、食いついてくるかもしれません。



そんなわけで(どんなわけで?)、今回は「色」のお話でも。



三原色、というのは、皆様よく聞かれるかと思います。

この三原色には「光の三原色」と「色の三原色」があるのはご存知でしょうか。


こちらが「光の三原色」
AdditiveColorMixing.png

こちらが「色の三原色」
SubtractiveColorMixing2.png


光の三原色は、緑・赤・青
色の三原色は、赤・青・黄
です。

小学校とか中学校の頃の美術の時間に、絵の具で「混ぜたらすべての色ができる色」として習ったのは、
この赤・青・黄の色の三原色であったと記憶しています。

上の図を見ればわかりますように、色の三原色を混ぜるとどんどん色が濃くなって、最終的には黒になります。

これはやっぱり絵の具で考えるとよく解ります。

逆に、光の三原色では、三つを混ぜると白となります。

ブラウン管テレビ、は今は段々と勢力が縮小しているかと思うのですが、
実はこの画面を近くで見てみると、緑・赤・青の小さい点がたくさん並んでいるのを見ることができます。

テレビ上で白いものが出たとき、この各色が全て光ることによって白く見えているわけです。

今の液晶やLED画面なども全ておなじ原理で出来ていますが、今のはこの点が小さすぎて、
見ようとしてもちらちらするだけかと思います。



さて、私達出版業界などでは、「RGB」と「CMYK」という言葉を良く使います。

この「RGB」というのは
R:Red(赤)、G:Green(緑)、B:Blue(青)
で、光の三原色のことを意味しています。

一方、「CMYK」はというと、
C:シアン(青)、M:マゼンタ(赤)、Y:イエロー(黄)、K:キー(黒のこと)
で、色の三原色に黒を混ぜたものを意味します。

これがどういうときに必要なの?というと、

実は私達がいま画面で見ている色はすべて「RGB」。

そして、印刷物になったときの色はほぼすべて「CMYK」なのです。

(これは、モニターが小さなRGB点であること、印刷がCMYのインクであることからもわかると思います。)



PCやプリンタが普及した昨今。

出版や印刷会社とお客様の間でよくトラブルになるのが、この「色」の問題だったりします。

お客様がデジカメで撮った写真などを印刷物に使う際、
「画面やプリンターで見たものと全く違う!」ということがしばしば起ります。

それもそのはず、RGBでの色をCMYKで表現すると、がらりと変わるからです。

CMYKではRGBとは反対に、混ぜたら暗くなっていく色のため、どうしても元の色からくすんでしまいます。

もちろん、写真命の写真集や画集などは色がくすんでは困りますから、
ちょっと特殊な印刷(5色や6色印刷など)を行います。が、その分お値段も高くなります。


普通の印刷では、モニターどおりの色は出ません、ということを、どうぞご容赦くださいませ…。

印刷会社によっては「色校」という、実際のインクで刷った場合の写真などを見せてくれます。

それを見ればイメージの違いを知る事ができますので、気になる方は相談されてみてください。




簡単に(むしろ回りくどく?)三原色について説明してみましたがいかがでしたでしょうか。

以前「ルビーとサファイア」の記事でも色について少し述べたように思います。

光と色は実は色々と関係があるんです。

次回は、LED発光についてなどちょっとつぶやいてみようかな、なんて思います。
 
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2010-04-12 (Mon)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。