ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

63

「季刊邪馬台国」105号・編集大詰

当社の定期刊行物、古代史ファンに人気の「季刊邪馬台国」、105号の編集が大詰めを迎えています。
編集部も締め切りに向けてラスト・スパート。カレンダーを絶えず見ながら作業を進めています。

特集は「桜井茶臼山古墳の築造年代・被葬者・出土鏡」です。
安本美典編集長が熱く執筆しています。

鉄と鏡の研究の第一人者、奥野正男先生からは「後漢鏡の東漸と『銅鏡百枚』」をお寄せいただきました。
向井一雄氏の「古代山城研究の最前線」も注目の一作。これまで当誌ではあまり語られてこなかった古代の山城について、わかりやすく、また鋭く切り込みます。

また、105号では新しい連載が二本始まります。

まず毎日新聞編集委員の重里徹也氏の「古代史小説の風景」。重里氏は以前新聞紙上で「司馬遼太郎を歩く」や「文学館への旅」を連載され、好評を博した方です。今度は古代を舞台にした小説を、独自の視点から見つつ、わかりやすく解説します。古代史ファンを中心に幅広く楽しんでいただけると確信しています。

もう一本は、「『韓非子』を読む」。著者の井口雄哉氏は中国史に造詣が深く、当社からも「タオの散歩道」という本を出版されています。古代日本とは深い関わりがあった中国の歴史を肩の凝らない文章で記しています。

どうぞ、ご期待ください(工藤)
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2010-03-29 (Mon)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。