ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

44

標なく彷徨う我に灯りあり

みなさまこんにちは。前田です。
ついこの間まで正月の気配があちらこちらで漂っていたような気がしますが、
いつのまにかいつもの慌しい毎日に戻ってます。

さて、今回のテーマは新年にちなみまして『今年の目標』です。


皆さまは今年一年の抱負や目標は決められましたか?

思い返してみれば、わたくし前田、
そういったものを今までの人生で設定したことがまるでなかっただろうことに気付きました。

うーん…なんででしょう。


「すぐに忘れるから」

「実現できそうにない目標とか抱負とか謳うのが白々しく恥かしい」


などなど、言い訳はいくつかでてきそうなんですが、結局は、

「今年の目標や抱負を考えるのが億劫だった」ってのが根本の理由なのかもしれません。

せっかく日本の善き習慣である「正月」があるというのに、もったいないといえばもったいない。


しかし、今年の目標を年末まで覚えている人っていうのをあんまり聞いたことがないのも事実です。

今年の目標を一年間覚え続けることが目標って言う人は見かけたことがありますが。


改めて考えてみると、「今年の目標」の目的というか意義は、

今年の目標を考えるときの、
「去年がどんな一年だったか」を考える時間が大事なのでは?なんて思います。

キラリとひかる一瞬が、たくさん思い出せるような年はいい年だったに違いない…のかもしれません。


が、しかし、であります。

そもそも、「今年の」というように目標が「一年」である必要があるのでしょうか。

「年内に必ずこれを達成する!」といった決意表明としてはいいかもしれません。

しかしそうではない、「こうしよう」というような行動指針は、一年限りの目標ではたしていいのでしょうか。

そんな期間限定ものの大言荘厳を考えるよりは、
これから一生つきあっていけるような座右の銘を考えたい、と思うのです。


それはすなわち、
今年の目標ではなく、今年の格言あるいは今年の訓辞とでも言えるでしょうか。

毎年、年を重ねるたびに、教訓・訓辞を重ねていく。

来年の今は、もっと気の利いた話ができるようになろう、

もっとよい訓辞を思いつけるように日々精進しよう、

ということを根本の指針として、

年を重ねるごとに、自分に課す訓辞を増やしていこうか、と思います。



という訳で、早速ひとつ考えてみました。

一応、今年に入ってからじわじわ実践している心掛けです。


『マイペースの上の、もう一歩の踏ん張り』


自己管理という意味でのマイペースを築き、

「よし今日はこのくらいで」と、スイッチを切り替える時や休息に入るとき、
「あと一歩だけ踏ん張って、何かしよう」というものです。

「さぁ今日はもう寝るか」「眠いからこのまま今日は寝てしまおう」…といった時に、

「あと一歩」踏ん張って、本に手を伸ばしてみる。
一度手にとってしまえば、いつのまにか夢中で読んでいるものである。

「あと一歩」踏ん張って、身体を鍛えてみる。
一度鍛え始めてしまえば、中途半端では終われなくなるものである。

今日はこのくらいで…となったときの、「あと一歩の踏ん張り」で、
有意義な時間を捻出できるはず。…と思い、実践しています。

「あと一歩の踏ん張り」で、心も身体も鍛錬しようというのが今年の…じゃなくて、今年「から」の一生涯の目標です。


それでは皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。