ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

42

取材を通して。

今年の目標は「いやな事を後回しにしない」と決めた、梓書院の副島です。

小学生のような目標ですが、いまだに守られないことのほうが多いこの目標です・・・


気がつけば年も明け、あっという間に1月も三分の一が過ぎてしまいましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

弊社は年始早々雑誌の締め切りがあったりと、エンジン全開で営業いたしております。






さて、今回の表題の「取材」なのですが、

梓書院では書籍などの原稿をお持ちでない方に対して取材をおこない、そのお話から原稿を代理で書き起こすという作業も行なっております。

自伝などを書きたいとは思っていても、中々文章を書くことが苦手な方に是非活用して頂きたいサービスです。



先日、私は(書籍化の取材ではないのですが、)「プラザ」の安部専務という方の取材に同行させていただきました。

こちらの安部専務には、当社を含め数社合同で行なっている勉強会でも大変お世話になっており、それだけに緊張したところもありました・・

この「プラザ」グループなのですが、地元福岡の方はきっとご存知でしょうが、パチンコ店を営業されています。
(ホームページはこちらhttp://www.s-plaza.co.jp/

最近は業種を広げられ、博多筑紫口の目の前にある「ホテルクリオコート」の経営などもされています。パチンコに縁遠くても、このホテルは知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人によってはやはり、パチンコ・パチスロといえば、イコール、ギャンブルやヤクザ、といったイメージが強い方もいるかもしれません。

パチンコ店に足を踏み入れたことの無い私自身も、(昭和の映画のような)タバコくさい中年男性が一日中座ってる、なんて映像が固定観念としてあったりもします。

けれど、そんなイメージとは裏腹に現在の店内はとても綺麗で、何よりプラザグループは現在「社員教育」に力を入れているそうです。



現在のプラザグループは、安部専務とそのお兄さんの二人で戸畑に立ち上げた遊技場が始まりだそうです。

その前にはお父様の企業の倒産があったりと、創業時には大変な苦労をされたとのことでした。

そんな苦労の中グループを大きく発展なされた安部専務ですが、ある勉強会を通じて「社員教育」の大切さに気づいた、とのことです。

やはりそのころは、業界の風土もあり、あまり業務態度のよい店員ではなかったそうで・・。

それで朝礼や勉強会を始められ、現在『人間作り』を目標に社員教育を行っているそうです。



安部専務のお話を伺っていると、社員に対する愛情をとても感じました。

「教育で人は変わることができる」と安部専務は仰られました。

「挫折を経験した社員も多いけれど、だからこそ、理解しあって、良い会社を作る事が出来ると思う」「パチンコで人を育てる仕事をしたい」と。

安部専務ご自身も苦労した経験をお持ちだからこそ、より一層重みのある言葉だと感じました。





残念ながら安部専務の言葉全てをご紹介は出来ませんが、取材をしに行ったはずなのに、とても良い講演を聞かせて頂いたような気になってしまいました。

このような、様々な方とつながりを持ってゆけるのも、本作り、という仕事ならではなのだなぁ、と思います。


志や理念、とは程遠いですが、せめて今年の目標くらいは守っていけるよう心掛けていきたいと思う次第です。

 
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2010-01-12 (Tue)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。