ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

29

「杉野、経営に触れる」の巻

週末、商工会議所のマネジメントゲームに参加してきました、杉野です。


前回参加したのは二年前。

梓書院に入って、まだ2ヶ月やそこら。

全く経営のことなんて理解できず、やっていることもハテナばかり。

知らないマネー用語の海原にポンッと放り出された感じでした。

が、何期目かを終えるころには「あ、経営ってこんな計算するんだ!」「面白い!」と思ってしまうくらいにまでなった前回の研修でした。

相変わらず計算が苦手ではありましたが…



そして今回、また参加する機会をいただきました。



今回は、ワンテーブル5~6人で勝負をしました。



一期目は、ルールを覚えるためにみんなでプレイゲーム!

そして二期目から戦いの火蓋は切って落とされます。

二期目は皆、現金13から始まり(単位は1300万なのか、130万なのか分かりません)、その中から材料を仕入れたり、ワーカーを採用したり、機械を購入したりします。

オプションとして研究開発チップを買って価格競争力を上げたり、広告チップを買ってたくさんの製品を一度に売れるようにしたり…

色々と戦略を練るのです。

現金13じゃ、資金繰りが思うようにいかないので、現金56まで借り入れを行なうこともできます。










1.jpg



2.jpg










56全てを借りた私は、計画性がないと大批判を浴びておりました。エヘッ



そのときの私の頭の中では、我が社の社長の言葉が繰り返されていました。



「お金がかかる事は問題じゃない、費用対効果を考えるべきだ。」



「失敗してもいい。それで学ぶことがある。」



それに倣い、ガッツリと攻めの経営をしてみました。

そして、競合会社に製品がないときに(盗み見)独占販売するなど、シレッと考えながらやっておりました。

案の定、金利には追われましたが、3期目にはプラスになり、借金も全額返済!

4期目5期目も、杉野食品(株)は、着実に成長していきました。(ネーミングセンスゼロです。)




あまりの成長ぶりに、








「練炭とか七輪使ったり…したでしょ?」








と、怪しまれましたが……潔白です(笑)!




最後には、「杉野さんみたいに、最初にたくさん借りて、営業していくべきだったねー!」とまで、言っていただけて良かったです♪

仕事に対する考え方は、社長に教えられたことが柱になっていると、改めて感じました。


色んな勉強をさせてもらえる会社に感謝、感謝です♪


関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2009-11-19 (Thu)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。