ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

244

節分のお化け

こんにちは。
立春が過ぎても変わらず寒さが厳しい毎日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
今回担当の副島です。
弊社がございますのは九州・福岡。日本海側とはいえ、雪はまだはらりはらり、というところです。
東北の日本海側の方では豪雪が続いているとのこと。雪下ろしや雪崩などでの事故も増えているそうで、ニュースで見る身長ほどの雪の壁は珍しいを通り越して恐ろしいほどです。
豪雪地域の方も、そうでない方も、この冬はどうぞ十分にお気を付け下さいませ。


さて、梓書院では最近も続々と発行・刊行が続いております。
最新情報はサイトにも掲載しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね!
特に先日杉野がご紹介いたしました「オヤジの夜間高校バンザイ!」は社内でも涙した社員がいるほど。ご興味がございましたら、どうぞお手にとってみてください。

また、おなじみの「季刊『邪馬台国』」も1月末に112号が発行となりました!
112ol(小)

定期購読の方にはお手元に。もしかしたら店頭でご覧になられた方もいらっしゃるかもしれません。
今回の特集は「日本民族の起源」です。
『魏志』倭人伝にも記載のあった、日本の古代に見られていた高床式の家屋はどこからきたのか? 日本に特徴的な、身長ほどに長い「和弓」はいつ頃、どこから伝わったのか? そして、アジアにおいて行なわれている「鵜飼」をする地域の共通性とは?
前号までの“年代論”議論とは少し趣の違った、古代史議論をお楽しみいただければと思います。
また、秋に行われました山陰邪馬台国サミットの報告をはじめ、そのほかの記事や連載陣ももちろん満載の内容の濃い一冊になっております。



そしてもうひとつご紹介したいのがこちら。

img_top.jpg

このようなフリーペーパーが福岡市内を中心に置いてあるのを見かけた方はいらっしゃいますでしょうか?
実は、こちらのフリーペーパー『Re:life』(リリーフ)は弊社も制作をお手伝いさせていただきました。
ホームページはこちら→http://relife.cc/

ホームページにもありますとおり、この『Re:life』のコンセプトは「リコメンド」。
普通のフリーペーパーといえば「広告」を紹介するのが定番ですが、『Re:life』は一風変わっています。
ちょっと時間に余裕の出てきたミドルの皆様に、“編集部が”おススメするサービスや商品をご紹介する冊子になっています。
ただの広告媒体ではない、新しい価値をご提供するフリーペーパーです。
福岡県外の方も、フリーダイヤル0120-1515-17(いこいこいーな)にお電話すればお手元まで送っていただけるそうです。
また、上記のホームページでも電子ブックにて無料でご提供中ですので、ぜひ一度ご覧下さい。



さて、表題の「節分」2月3日がつい先日過ぎたばかりですね。福岡でも雪の舞う、寒い一日ではございましたが。
節分は二十四節気の一つ立春の前日になるわけですが、ここ最近は恵方巻きがブームになっているような気がします。本家?豆まきを差し置いて、お寿司屋さんからコンビニまで、どこでも恵方巻き予約受付のポスターを目にするようになりました。皆さまはどのような節分を過ごされましたでしょうか。
この節分ですが、福岡の中洲にございます歓楽街では、豆まきでも恵方巻きでもない、別の行事が行われています。
それは「お化けの日」という催しで、その日の周辺は中洲のお店などでは普段の服ではなく、コスプレや着物、それもいわゆる「花魁」や「舞妓」のような普段とは違った着付けで店員さんが迎えてくれるのだそうです。
この「お化けの日」の仮装は全国のあちこちの歓楽街で行われているそうですが、本来は豆まきと同じく、「仮装で役を払う」というものであったとのこと。ハロウィンと同じですね。
それが客寄せをかねて芸者・芸妓さんの間に残り、その方面で今でも行なわれているそうです。
なかなか目にする機会はございませんが、どのような風景なのか、すこし見てみたい気がします。

そんな花魁のアレンジをはじめとしたアレンジ風着物が、今話題なのはご存じでしょうか。
アゲ嬢、などの言葉でも有名になった雑誌・agehaでも成人式などの新年に先立ち、“着物ageha”という別冊が発売されていたとのこと。思えば今時の成人式の着物は、伝統的な着物、というものとは少し雰囲気が違います。
そんな今風アレンジの着物について、中洲で絶賛されている「着物師」さんから写真集とHOWTOを合わせた本が発行されます!
弊社新刊紹介にも紹介しておりましたが、「FACE studio No.魁紗莉」という本です。
9784870354418.jpg
今風の着物?チャラいのでは?なんて思うのは大間違い。著者のMARICAさんは京都の舞妓さんの着付師や大衆演劇の役者さんにも学んだ着物師。華やかながら、しっかりとした強さを持った艶やかな着物の写真集は必見です。
また、ヘアセットや着付けのHOWTOまできちんと紹介されています。初心者から上級者まで、是非お手にとって頂きたい本です。
2月末発売予定、現在好評予約受付中です!



相変わらず新刊紹介に徹してしまっているような気がいたしますが・・それでも毎回紹介しきれないほどです。
是非みなさまからの感想をお待ちいたしております!

関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2012-02-07 (Tue)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。