ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

243

においとくうき

直感を言語化すること。
なぜこうも難しいのでしょうか。

それができる文筆家の方は本当に素敵です。


たとえば、チョコレート。
甘いものが好きなわたしには魅力的な単語ですが、
嫌いな人にはなんの威力も有りません。
むしろこの文字さえ見たくないかもしれません。
KC3O0124_convert_20120201181706.jpg

うーん。
たとえば、このアンパンの魅力。
これを伝えるにはどうしたらいいのでしょう。
揚げてあって、粉砂糖がまぶしてあって、なつかしい味がして。
そんな言葉だけじゃ、ぜったいに伝わらない。

ただのアンパン。

だけど、朝の7時ごろにはもう売り切れで
早起きの苦手なわたしにはなかなか買えない代物なのです。

10数年ぶりに食べた虎屋のパンは、やっぱり美味しくて
こってりなのも気にせずにぺろっと何個も食べてしまうのです。

画像

月曜日のブックスキューブリックで、有山達也さんのお話を聞きながら
ずっとそんなことを考えていました。


有機的な話。
相手がイメージできる話。

果たしてわたしはどのくらい伝えることができるのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2012-02-02 (Thu)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。