ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

219

咲いて短い夢花火

花火を作りました。


逕サ蜒・008_convert_20110923093153

線香花火です。


なんとなくは分かっていたけれど、
つくり方ってほんとうに単純。

ほそ長い三角系の和紙に火薬を少しのせて
よりよりとこよっていくだけ。

逕サ蜒・004_convert_20110923093104

そんな作業だけでこんなきれいなものが出来ちゃうのであります。
びっくりです。

ただ、自分が不器用すぎて
あと、手が乾燥しすぎて
どうしてもよりよりがうまく出来なくて…

初の手作り花火は本物の半分くらいの長さになってしまいました。
それでもこんなにばちばちするんですよ。

お向かいで作っていたお子さまのほうが上手によってましたよ。
完敗です。

逕サ蜒・009_convert_20110923093318

教えてくださったのは、筒井時正玩具花火製造所

先週末に行われた、クリエイターズマーケットに参加されていたのです。
(九州のクリエイターさんたちがわんさか集まったイベントでした)

筒井さんの工房の花火は、以前なにかで見たことがあったのですが
もう美しくてきれいで。
火なんかつけずにずっと飾っておきたくなるような花火なのです。
いつか買いたいし、プレゼントしてあげたいです。






そうそう、先週、まだ残暑の残る暑いなか放生会も行われていましたね。
もちろんいって参りました。
今年は大濠の花火も見ず、お祭りにもいかなかったので
最後の締めにいっとかないとと張り切っていきました。

でも人の多さにまたもや完敗。
2年に一度の御神輿行列の日だったので
もう動けないくらい。
福引も綿菓子も通り過ぎ、
今年は迎賓館ですずしく飲み食いをしてしまいました。
だめな人間です。

実は今年、たぶん一生に一度のお化け屋敷欲にとり憑かれたのですが
いろんな言い訳をして叶わず。

二度とこの欲は来ないでしょう。




最後の一枚は、人ごみに負けまいと携帯で必死に撮った御神輿行列であります。
お馬さんの白い耳カバーがとてもステキでありました。
あと、お賽銭箱をがちゃがちゃと鳴らすのがなぜなのか、ちょっと気になりました。

KC3O0100.jpg



本日は秋分の日。
台風が過ぎ去りようやく秋の感じがしてきました。
そして中止になってしまった東区の花火大会が奇跡の復活を遂げたそうで、とても楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2011-09-23 (Fri)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。