ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

21

医学とギリシャ神話の意外な関係。

こんにちは。
毎回書き出しに悩んでしまいます、副島です。
何事も第一声は大事ですので、どうしたものかといつも迷います。
本でいえば、第一声は表紙や帯に当たるのでしょうね。
装丁が素敵だったり、帯に興味深い文章があったりすると、ついつい手に取りたくなるアレです。
まぁ、自分は結局今回のように、無難なところに落ち着いてしまうので・・精進が必要だなあ、と感じます。


さて、突然ですが、医学とギリシャ神話につながりがあることをご存知でしょうか。
かくいう自分も、先日まではせいぜいWHOのマーク(蛇の巻いた杖)が神話由来だったかなぁ、と思いつく程度でした。
ところが、現代の医学用語の語源には、多くのギリシャの神々や、神話に関連する人々が登場するのだそうです。

そもそも、西洋医学の原点は古代ギリシアだといわれています。
確かに、自然科学の多くが古代ギリシアで基礎を作られていたことは有名です。
古代ギリシアは哲学や論証が盛んであり、その延長として数学、化学、そして医学の研究があったようです。
そのような背景から、彼らの研究において新しく発見された物質などを名付ける際に、彼らの身近にあったギリシャ神話の神々と関連づけて名をつけたのが、今も根付いているのだろうと思います。
ちなみに、ギリシャ神話の神々は絶対的な神という存在ではなく、感情を持つ人間のような性質のものであり、そしてあらゆるところに存在するものでした。
だからこそ、因んで名前を付けやすかったのかもしれません。
ギリシャの神々は、日本のいわゆる八百万の神となんだか似ていて、個人的にはとても親近感を覚えたりします。


以上に述べた医学とギリシャ神話の関係ですが、実際にどのような神々が紛れているのか。
それを、わかりやすく教えてくださる本が、弊社より本日出版されました。


1256194352-709453_1.jpg


こちらです!(クリックすると販売ページが開きます。)
著者は木村專太郎氏。福岡の「木村専太郎クリニック」の院長さんです。
ギリシャ神話と医学用語という難しい内容を、とてもわかりやすく、面白く書いてらっしゃいます。
ギリシャ神話を詳しく知らない人でも、神々について詳しく書いてありますので楽しめるかと思います。
ゼウスやアテナ等有名な神さまや、星座で有名なオリオンなどの話も出てきますし、表紙や挿絵も可愛くてオススメです。(笑)

興味のある方は是非ご一読ください!
販売ページはこちら
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2009-10-22 (Thu)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。