ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

201

邪馬台国110号発売!

毎日暑い日が続きますね。今回担当の副島です。

夏休みに入ろうかという子供たちがいたり、大きな台風がやってきたり(今回の台風は関西関東と大雨になっているようですので、お気をつけ下さい)、夏本番が感じられます。
今年は、というか、ここ最近、雨が降るといえばゲリラ豪雨のような天気になることが多いですね。
じめじめしとしと、というのも困りますが、水害になるような雨も困ります。
ほどほどであるのが一番です・・

さて、前回担当の池隅さんに、『邪馬台国』110号について話題をふられてしまいました。(笑)
これは、ご紹介をせねばなるまい・・ということで。
弊社発行の季刊『邪馬台国』110号が、今週末(東京では23日ごろ)に書店にて発売となります!

110.jpg

定期購読者の方の中には、すでにお手元に届いている方もいらっしゃるかもしれません。
もし、近くの書店にないよ、という方がいらっしゃいましたら、店頭にてご注文いただくか、弊社へお電話かメールにてご注文いただけましたらお届けいたします。
また、Amazonでも注文できるようですので、もしよろしければこちらでもどうぞ。

さて、今回トップを飾るのは、森浩一先生の講演録「魏鏡と『倭人伝』への認識をぼくが深めていった遍歴」です。
森先生は邪馬台国について多くの著書を持ち、三角縁神獣鏡国内産説や『魏志倭人伝』にも造詣の深い方です。その先生の、4月11日に行われた「邪馬台国の会」での講演を余すところなく掲載しております。

そして今回の特集は、古代年代論徹底批判・第五弾の『庄内式土器の年代』です。
今回の特集では表題の庄内式土器の他にも、この土器が出土した「ホケノ山古墳」の築造年代についてもいろいろと論を展開されています。
庄内式土器とは古墳時代に作られた土師器という土器の中でも古いもので、弥生時代との境目にあるものです。
このあと、土師器としては布留式土器、というものが出来てきます。そのため、出土した土器によってその古墳の築造年代を判断したばあい、どうなるのか。それが問題となります。
今回の焦点となる「ホケノ山古墳」は纏向古墳群に属する古墳で、ここは以前の号でも紹介されていますが、「庄内式土器と布留式土器がともに出土する古墳」になります。そのため、この古墳がどの時代にあたるのかが議論の対象となっています。
今回の号では以前の号での議論もふまえて、同時に出土した鏡や墓の構造などから、ホケノ山古墳は弥生時代、邪馬台国の時代とは関係ないという立場で論を展開しています。
そして同時に、庄内式土器の中でも北九州のものの方が古い時代のものではないか、ということが述べられています。

また、先日「週刊新潮」に掲載された邪馬台国関連の記事について、安本編集長がそれに反論する記事を書かれています。
そのほか、塩屋勝利氏がまとめられた報告書「中国出土王莽銭に関する覚書」を二号に分けて掲載させていただく企画や、清野敬三氏による「『新撰姓氏録』にみる「皇別」の信憑性」では「姓氏録」を紐解くことで各豪族と天皇との血筋について興味深く解説されています。

そのほか、連載では「マンガ大野城物語」を大容量の42ページでお届け。センフクやタスケたちが力をあわせ、ついに大野城石垣が完成します。皆の前で想いを語るセンフクは感動です・・!
連載していました「天皇系図」はいよいよ最終回、33代推古天皇までの系図が全て揃います。
「邪馬台国大研究」では古事記や日本書紀についてご紹介、「『韓非子』を読む」では『韓非子』という書全体を俯瞰する視点から解説されています。「古代史小説の風景」は司馬遼太郎の「八咫烏」を解説。「九州古代紀行」では祇園山笠で有名な「櫛田神社」を訪れ、博多の町とのつながりについてお話されています。

どっさり、厚みのある一冊となっておりますので、どうぞお手に取って頂けましたら幸いです!



さて、編集部としては、『邪馬台国』が発行されると「あー、一仕事おわったなー」という気分になる・・と見せかけて、すぐ別の作業にかかり始めたりとなかなか落ち着く暇はありません。(笑)
次回は10月上旬の発売予定ですので、どうぞご期待くださいませ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2011-07-20 (Wed)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。