ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

198

ばるばるばるばる

ばるうぉーーーーくっ!!


ばるばるばるばる…


ばるうぉーーーーーっっく!!!


大半の人がキョトンとしていることと思いますが、


前田の精神はそれとなく健全ですので、ご安心を。


というわけで、もうかれこれ2ヶ月近く前の話になりますが、
舞台も無事に終わった5月の中旬、浮ついた気持ちでバルウォークしてきました!


「だからバルウォークって何じゃい!」
とお思いの福岡市外の方や、バルウォークを知らない方々のためにご説明いたします。


説明しよう!

「ばる」とは、

スペイン語で「BAL」、

英語で言うところの「BAR」であり、

お酒や軽食が楽しめるお店です。

しかし、BARの意味合いをそのままBALにあてはめると、
語弊が生じるのでご注意を!


スペイン人は
カフェに寄るように、

ファーストフード店に立ち寄るように、

角打ちで一杯ひっかけるように、

BALに寄ります。

小腹が空いてはBALでタパス(小皿料理)やピンチョス(ちいさいオープンサンドみたいなの)をつまみ、

夕食前にBALをはしごしてお酒を飲んだりと、

スペイン人にはなくてはならない、社交の場であり生活の一部なんです。

スペインのBAL文化は、言ってみればはしご文化です。

そんな訳で、本場スペインのBALの楽しさを福岡で!
の声のもと開催されたのがバルウォーク福岡です。
昨年9月に開催されたのを皮切りに、今回が2回目の開催。


バルウォーク参加店でチケットを提示すると、
1枚で1ドリンク+タパス1皿がやってきます。

チケットは5枚ひとつづりで、3500円。
700円で1ドリンクとおつまみ1皿ゲットできるお得な代物なのです!

そんなファンタスティックなチケットをひとつづり購入し、ガイドを片手に友

人と2人で3件回ってきました。
つきましてはその足跡を辿ろうかと思いまする!!!

では参りましょう!

1件目!

110515_2055171.jpg
春吉あたりにあるジャズバー
「NEW COMBO」


110515_2007421.jpg
階段を上って、屋根裏部屋のような素敵スペースに陣取り、


110515_2014281.jpg
ジャズの生演奏をエンジョイ。

黒生ビールと共にやってきたタパスは、唐揚げ3個。

正直、タパスはちょっと物足りない感はありましたが、ジャズの演奏がブラボーだったのでよしとします。
ビールも美味しかったしね。


続いて2件目!


110515_2156551.jpg
大名にある、その名もズバリ「イタリア酒場」


110515_2131501.jpg
二階建ての、木造校舎のような趣のある店内。

ワインがプラカップでやってきた時はげんなりしましたが、

110515_2126541.jpg
続いてやってきたタパスに感激!
ボリュームもさることながら、一品一品がしっかり美味しい!!

実はこのイタリア酒場、ほんとは3件目に行くはずだったんですが、あまりの魅力的な店構えに

「もう我慢できなーい!」
(by某シリアルのイメージキャラクター)

だったもんで、飛び込んじゃった次第です。


そしてそして3件目!


110515_2259181.jpg
(前田のように)爽やかなエメラルド色の看板を出している、
「Salvo」


110515_2259131.jpg
ここに来てようやくのスペイン酒場です。


110515_2204371.jpg
サングリアをくいっとやりつつ、登場したタパスに舌鼓。

ここのタパスも美味しかった!
(写真を取り忘れました。すいません…)

アンチョビマヨで頂く糸島産の野菜スティックがお気に入りでした。

そうこうしているうちに、なんとウクレレとダブルベース(コントラバス)のライブが始まったのです!

皆さんその音色にうっとりと聞き惚れておりましたー。

うーんラッキー。


そんなこんなで、
舞台で燃え尽きたのもつかの間、
今週末からはいよいよ山笠がはじまります!

そして8月には福岡最大のラテンイベント、イスラデサルサが控えておりますが、

今年はなんとパフォーマーとして出演させてもらえることにもなったもんで、
まだまだ退屈しそうにありません!!


ほんとに、舞台やったり、サルサ踊ったり、その他いろいろやったりしてると
「何ものだ?!」とよく言われますが、その正体は通りすがりの出版社員です。

そこのところ、どうかお忘れなきようお願いいたしまする。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。