ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

162

ハーブと家庭菜園

虫歯の治療をしたら、歯の高さが変わって噛む加減が分からなくなりました。




そのせいで口の中が傷だらけの杉野です。





少し遡りますが、お正月に実家に帰った際にある本を衝動買いしました。

『ベニシアのハーブ便り』

ベニシア


以前、アロマテラピストになりたかったときに(鼻が利かないので断念^^;)ハーブの効用に興味を持ち始めました。


そして「今年はベランダでハーブを育てる!」と声高らかに宣言するも、友人たちに口々に「何に使うの?ハーブって、そんなに使い道ないよ」と言われ、心が折れかかっていました。


「ラベンダーなら、枕元に置いてリラックスさせてくれるし…ごにょごにょ…」とフェードアウトし、そもそもハーブはどこで買えるのか?から始まり、この時期に育てられるものは何か?日当たりが良くないところでも育つのか?など、色々な疑問が沸々と。





…そして何もせぬまま今日に至ります。。。





が、先日可愛らしい植物たちを発見し買って帰りました。


大きくなったら私に食される植物たちです。

草



絶対一日で食べ終わるな…と、思いながらも育ったときの見た目が可愛らしい「そば」「緑豆」「ごま」「アルファルファ」「マスタード」を買いました。


さて、いつ芽を出してくれるのか?

大きくなったらまた、ブログでご紹介しようと思います^^


最後に、今読んでいる本のご紹介です。

『生き屏風』
田辺青蛙

生き屏風


(背表紙より)
村はずれで暮らす妖鬼の皐月に、奇妙な依頼が持ち込まれた。
病で死んだ酒屋の奥方の霊が屏風に宿り、夏になると屏風が喋るのだという。屏風の奥方はわがままで、家中が手を焼いている。そこで皐月に屏風の話相手をしてほしいというのだ。
嫌々ながら出かけたさつきだが、次第に屏風の奥方と打ち解けるようになっていき――。



まだ途中ですが、今回もホラーファンタジーですね^^



つくづく、偏った読書をしているなと思う今日この頃です。

関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2011-03-09 (Wed)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。