ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

127

U・ェ・Uわんわんお にゃんにゃんお=^・ω・^=

こんにちは。
顔文字タイトルから失礼いたします、今回ブログ担当の副島です。


さて、ツイッターでもご紹介させていただいておりますが、
弊社にて「もうひとつの山笠 まぼろしの福神流」をご出版されました、山本十夢さまなのですが、実は山笠や執筆活動以外にも、こんな活動をされているそうです。

「第二回 明日なき動物たちのために チャリティーコンサート」

十夢チャリティーコンサート-1
11月17日(水)大博多ホール 19:00~21:00
チラシPDFはこちら

このコンサートは、保健所に引き取られ、殺処分を待つしかない犬や猫などのペットを助けよう、という運動を応援するためのチャリティーコンサートとなっています。
出演者は尺八・土笛演奏家の山崎箜山様、筝・三絃演奏家の宮本直美様、シンガーソングライターの野田かつひこ様、作曲家・歌手のNAO様、そして主催であり作詞家の山本十夢様です。
(主催の山本さまは「男の夢」というCDも出してらっしゃいます。多彩ですね・・!!)

ところで、福岡は保健所犬猫殺処分数で以前、4年連続でワースト1位であったことをご存知でしょうか。
去年からそれを受け、ワースト返上として保健所持込有料化などの取り組みを行った結果、減少しつつはありますが、まだまだ高い数値を保っているのが現状です。
「ペットが飼いきれなくなった」と持ち込むのは勿論ですが、逃げ出した、もしくは置き捨てていった猫が繁殖するなどということもあっているそうです。実際、弊社の周りでも、野良と思われる親子猫を見たことがあります。
それに対して、天神駅前にずいぶんと派手な(怪しい)ペットショップを見たときには、なんだかなぁ、と思った次第です。今は、そうでなくてもペットがインターネットで購入できる時代です。違法ブリーダーが顔を隠してネットで売りさばいているというニュースもありました。
急な転勤や病気など、不慮の事態に対して責任を問うのはなかなか難しいことだと思います。
そういうときに、他人に譲れる、また、飼いたい人は譲り受けることができれば一番良いのでしょう。
外国には「ペットショップ」が存在せず、全てブリーダーや直接の譲渡で飼われているそうです。
日本でもこのような習慣を浸透させていくことが、最も大事なのではないかな、と思いました。



さて、以前ブログで池隅先輩が紹介してらしゃいましたが、
福岡にはこのようなお店があることをご存知でしょうか。
猫カフェKeurig」(天神店もあります。)
今話題の、猫カフェというものです。猫がうろうろしている店内でお茶を楽しむ、というお店です。
実は私もときどき友人とお邪魔して、猫に癒されにいっています。(笑)
このお店なのですが、実は店内の猫は捨て猫や野良猫だったものを保護された子なのだそうです。
だから、雑種ばかりなのだそう。だけど、きちんとしつけし直されているので、いい猫たちばかりです。(まだまだ残っている気ままさが、逆にとても素敵です。)
運が良かったといえばそれまででしょうが、このような形で第2の人生(猫生)を歩ませることができるのは素敵なことだと思いました。
もし猫好きな方がいらっしゃいましたら、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。
ちなみに、店内の食事やデザートもとても美味しいです。みどころは猫だけではありません。
そして、ラテやクリームを食べていると、猫たちがにおいに誘われて集まってくることがあります。人間の食べ物は猫には味が濃すぎて与えてはいけないので、そこでテーブルに登ってくる猫から食事をガードしつつ下に降ろすという仁義なきバトルが繰り広げられることになるわけですが。

あと、店の猫が気に入れば、条件はありますが里親となることもできるそうです。
自分も飼うことのできる家であれば里親になれるのになあ、といつも思うのでした。
 
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2010-11-13 (Sat)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。