ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

110

女は海

タイトルは、ジュディ・オング風に読んでください。



こんにちは。カラオケの選曲で年齢詐称疑惑のある杉野です。



先日、とある予定に間に合うか間に合わないかのギリギリの時間に急いで会社を出た日のできごと。


結局、バスの中で「今日は間に合わないな…」と判断し、ぼんやりと窓の外を見ていたところ…。





あっ。





バスから降りて、近づいてみる。
「そういえば、こんなところにあったなぁ…」




店に入り、買い物をしました。




「スキューバのオープンウォーターダイバーライセンス取得コース」




衝動買いであることこのうえないのですが、そうです。ダイビングの免許です。





ダイビングには、いくつもライセンスの種類があるだなんて、店頭で聞くまで知りませんでした。


特に肴が…もとい、魚が好きというわけではないのですが、あることを思い出したのでした。



私、海底遺跡に興味があるんだった!!!!!(ひとごと)



しかし、海底遺跡は、このライセンスでは、見れないと言われました。。。
(オープンウォーターダイバーライセンスは、18mまでしか潜れないらしく、海底遺跡は18メートルよりも深いそうです)





そして、早速日曜日に潜ってまいりました。





海が荒れ、杉野も荒れ、ヘトヘトになりました。。。
どうやら、インストラクターの方から見ると初心者にしては随分落ち着いていたそうですが、近くにインストラクターの方が見えなくなった途端、かなりの不安に駆られました。

一度に多くのこと(呼吸、泳ぎ、空気の出し入れによる浮き沈みのコントロール、インストラクター探し、耳抜き…等々)をやらないといけないので、かなり忙しいです。。。


そんな中でも、慣れてくれば余裕も出てくるのかなぁと。







海底遺跡にも興味はありますが、一番好きなのは、自分の呼吸音のみの静寂のなかで浮遊することですね♪





もろもろの「言葉」と「思ひ」 海を舞い 碧と出逢いて いざ泡となれ






さて、話は最初に戻りますが、なぜ杉野はその日急いでいたかというと、それにも理由がありまして、それはまた次回のブログでお話させていただこうと思います♪


関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2010-09-06 (Mon)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。