ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

109

物語の人物が目の前に現れる感動

を、味わった今日この頃。

皆さんこんにちは。前田です。


唐突ですが、前田はカバンの中に小説を忍び込ませ、
通勤中に読むのが日課です。


通勤時に読むのは小説、帰宅してからは新書や人文書などと読み分けているんですが、
今回読み終えた小説は、続きが気になって気になって、家に帰ってからも読みふけっていました。


そんな前田まっしぐらな小説がコレ

一瞬の夏

『一瞬の夏』沢木耕太郎・著


発行年は1981年。


あんまり気にもとめてなかったが、前田より年上である。


師匠(大学の先生)に薦められて以来、沢木耕太郎ファンなんですが、
それを人に言うと、

「えらい古いの読んでるね~!」

とか、

「世代じゃないよね?」

とか、

「みかけによらずハードボイルドな…」

なんてリアクションが返ってきました。


書かれた年代が古かろうが、面白いものは面白いんです。

むしろ、自分の知らない時代を肌で触れうるかのように身近に感じられる沢木氏の作品はとても魅力的です。


まぁそんな訳で今回のお話は、
フィクションと思って読んでいたら、ノンフィクションだったというなんともお間抜けな話です。

沢木氏がノンフィクション作家なのは知ってたはずなんですが、
それまで深夜特急(紀行もの)とか、エッセイ集とかの短編ばっかり読んでいたもので、「長編小説」というジャンルに、思わずフィクションであると勘違いを起こしてしまっておりました。


この「一瞬の夏」は、
元東洋太平洋ミドル級チャンピオンのカシアス内藤というボクサーが、4年ぶりにリングにカムバックし、再び世界チャンピオンを目指すお話です。

どきどきはらはら読み進める毎日の中、

ふと、たわむれで中心人物の「カシアス内藤」という名前をネットで検索してみて、

目が点になりました。



「アレ?カシアス内藤って実在するの??」



wikipediaを少し見てみると、確かに実在の人物らしく、
その時、一瞬の夏が完全なるノンフィクション小説であることに気付きました。



その時すでに、下巻の半分過ぎまで読んでおり、
カシアス内藤がいよいよ、東洋太平洋タイトルマッチに挑めるかもしれない!
というようなあたりでした。


当然、内藤が勝つのか負けるのか気になります。

ネットで見ればその試合の結果が分かってしまうので、

必死に知りたい気持ちを押さえ、

でも早く結末が知りたくて、

一気に読み進めてしまいました。



結末は当然読んでからのお楽しみですが、

試合の結果や結末云々よりも、
カシアス内藤というボクサーの数奇な物語と
それをとりまく男たちの「青春」に胸が熱くなります。


何より物語の人物だと思っていたカシアス内藤が実在すること、
そしてこの物語が、作り話でないことにも衝撃を受けました。

人生とは誠に数奇な物語であるか。



燃え尽きたいが、燃え尽きることが出来ない。

それは燃え尽きようとしていないだけなのか。


「いつか」は、やって来ないのか。


置き去りのままの青春がないものか、

若かりし頃の「いつか」を探し、

思いに耽る。


そんな淡い思いをかきたたせながら、

すがすがしい感動が胸を通り抜けていった。



カシアス


ちなみにこの「カシアス内藤」というボクサーは、
アリスの名曲、「チャンピオン」のモデルであるという。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。