ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

107

記録に残る 記憶に残る

8月ももうすぐ終わりとなりましたね。今回担当の副島です。
小・中学生の方は8月31日で夏休みが終わりという方も多いのではないでしょうか。
みなさま良い夏休みは過ごせましたでしょうか?
もしかしたら、そろそろ溜まった宿題を慌ててやっているお子様もいらっしゃるかもしれませんね。
手伝わされてしまっているご両親もいらっしゃったりするのでしょうか。
ちなみに副島は工作なんかの宿題を最後に慌ててやる派でした。(遠い目)


さて、私も頂きましたお盆の夏休みの一日、野球観戦へと行ってまいりました。
福岡といえば地元球団ソフトバンクホークス!ということで、福岡ヤフードームでホーム観戦です。

300px-Fukuoka_dome02.jpg


写真など撮っていなかったので、公式サイトの写真です。(汗)
ちなみに余談ですが、副島は10年来のホークスファンだったりします。
普段はテレビ観戦ですが、一年に一回は球場に遊びに行っています。


さて、今年の夏からヤフードームの一角に、新しい施設が出来ていることをみなさまご存知でしょうか。
王貞治ベースボールミュージアム」です。
王貞治氏といえばもちろん、日本中で知らない人はいないのではないかという名選手です。
読売ジャイアンツでの現役時代は868本のホームラン世界記録を樹立し、また引退後は巨人、そして福岡ダイエー・ソフトバンクホークスの監督として4度のリーグ優勝もはたしています。現在はソフトバンクホークス球団取締役会長に就任し、活動されています。
記憶に新しいところでは、第一回WBCでの優勝監督ともなりました。
そんな野球界に記録を残し続けてきた王貞治氏、驚いたことに今までこのような個人記念館がなく、また設立にも興味がなく、倉庫に眠ったままになっていたトロフィーもあったとのこと。(らしいといえばらしいのですが・・)
そこで今回このように王貞治氏個人にライトを当てたミュージアムの設立の運びとなったそうです。

館内は、王貞治氏の現役時代の記録を紹介するコーナー、歩んできた生涯を当時の様子を再現しながら紹介するコーナーなど、なかなか視覚的に凝ったつくりになっていました。
内部の撮影などはできませんでしたので、こちらも公式サイトから画像をお借りします。

m21_01.jpg

h11_01.jpg

王貞治氏は現役時代同チームであった長嶋氏とよく対比され、「記憶の長嶋、記録の王」などとも言われるそうです。
けれども、王貞治氏が打ち立てた記録と、その当時の映像を見ていると、十分に記憶にも残っていたのではないかなぁ、と思いました。
記録に残れば記憶に残るし、また記憶に残る人は記録も残しているのでしょう。
しかし、この時代の野球選手の記録は本当にすごいものがあるな、と感じました。球場の大きさ、投打技術の向上、采配の変化などの色々な変化もあいまって、これだけの「記録」というのはもう出ないのかもしれません。

さて、こちらのミュージアムには野球体験コーナーなどもありました。

s04_01.jpg

ピッチングマシンで本物の投手が投げる球速を体感したり、実際にピッチングができるブースがあったり。
私が行ったときはお盆休み中でしたので、夏休みの野球好きな少年たちでわいわいと賑わっていました。
王貞治氏の記録だけでなく、野球を好きになってもらいたいという「想い」を表現したコーナーだそうで、この中から野球選手・・だけでなく、プロ野球を支えるファンも増えるといいな、と思った次第です。



さて、ミュージアムを見学後、ドームにてメインイベントのはずの試合を観戦しに行ったのですが、残念なことにホームのソフトバンクホークスは惨敗・・(応援に行った日に限って、よく負けるのです・・)
しばらくはまたテレビ画面の前で応援する日が続きそうです。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2010-08-28 (Sat)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。