ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

10

書店好きの聖地神保町を徘徊

先日東京に遊びに行ってきました。


ぶらり一人旅。



なんて言いながらも、東京の達人(?)に色々と連れて行っていただきました。



下町散策と題し、浅草やら日暮里やらを歩きまくりました。




お肉屋さんで、コロッケを食べたり



電車の中でオタクらしき人と出会ったり



すごく充実した週末でした♪





そして、もうひとつの楽しみだったのが、
出版業界に身を置く人間として、避けては通れない道(?)神保町めぐり。


恥かしながら、梓書院に入った当初は

「かみ…ほまち?」

などと読み間違え、その存在すら知らなかった場所でした。





しかしながら、貴方を知ったその日から、いつか会いたかったわ、神保町。


…にもかかわらず、無計画で挑んだため、十分貴方を知りえなかった私。


そんな私だけど、次回も優しく受け止めてね!!






それでもふたつの収穫がありました。



ひとつめは絵本の専門店らしき書店で、私が以前一目ぼれした絵本に出会ったこと。



『The Giving Tree』  作・絵: シェル・シルヴァスタイン
The Giving Tree



フランスで出会ったその本は、見返りを求めない愛情を語ったもので、まるで母親を思わせるものでした。


最初読んだものは、フランス語で書かれたものだったのですが、英語で書かれたものは、また違った趣きがありました。




優しい気持ちになれますよ☆




もうひとつの出会いは





その書店のレジ横のチラシで知った「ミヒャエル・ゾーヴァ展」




私が好きなフランス映画「アメリ」にも登場する、知る人ぞ知るドイツ人画家ミヒャエル・ゾーヴァ氏。
治療中の犬
王様
000.jpg




映画ではすごくいい味を出していた絵ですが、誰の作品かなんて、映画を見た当初は気にも留めていませんでした。





見に行きたいけど、来週からだぁぁ…



…約一ヶ月間あるのか…














さて、一ヶ月以内にこの展示会のためだけにもう一度東京(正確には横浜)へ行こうと思っている私…






欲望に打ち勝てるのか!?





乞うご期待です。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2009-09-18 (Fri)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。