ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1374' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
287

最強のグルーヴ

みなさんこんにちは。グアムの海のようにキレイな心を持った前田です。いつも本の紹介ばっかりなので、今回はちょっと趣向を変えてみたいと思います。映画か音楽の話でもしようかなと思い、映画と音楽の話をすることにしました。という訳で今回ご紹介する映画はこちら。「最強のふたり」ずっと見たかった映画だったのですが、劇場で見逃してしまい、ようやく最近観ることができた次第です。首から下が全身麻痺の大富豪、フィリップ... みなさんこんにちは。<br />グアムの海のようにキレイな心を持った前田です。<br /><br /><br />いつも本の紹介ばっかりなので、<br />今回はちょっと趣向を変えてみたいと思います。<br /><br />映画か音楽の話でもしようかなと思い、<br />映画と音楽の話をすることにしました。<br /><br /><br />という訳で今回ご紹介する映画はこちら。<br /><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=uUrg_zWursA" target="_blank" title="&lt;strong&gt;&lt;span style=&quot;font-size:large;&quot;&gt;「最強のふたり」&lt;/span&gt;&lt;/strong&gt;"><strong><span style="font-size:large;">「最強のふたり」</span></strong></a><br /><a href="http://blog-imgs-43.fc2.com/a/z/u/azusashoin/1_20130423174337.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-43.fc2.com/a/z/u/azusashoin/1_20130423174337.jpg" alt="1_20130423174337.jpg" border="0" width="380" height="536" /></a><br /><br />ずっと見たかった映画だったのですが、<br />劇場で見逃してしまい、<br />ようやく最近観ることができた次第です。<br /><br />首から下が全身麻痺の大富豪、フィリップと、<br />スラム街に住むドリス。<br /><br />固い絆で結ばれた、<br />実在する2人の実話をもとに<br />制作された映画です。<br /><br />決してお涙頂戴的なしんみりとした映画ではなく、<br />涙が出るほど笑えて、すがすがしく感動できる映画でした。<br /><br />周りを気にせず思い切り笑える分、<br />劇場で観ずに自宅で観て正解だったかも。<br /><br /><br />性格も育った環境もまったく違う2人が、<br />徐々に固い友情で結ばれていく。<br /><br />フィリップをまったく特別視しないドリスと、<br />そんなドリスにだけ見せるフィリップの屈託のない笑顔。<br /><br />生きるっていいな。友情っていいな。<br /><br />すがすがしく笑えて、すがすがしく泣ける。<br />生きることが嬉しくって、楽しくって、幸せな気分になれる映画です。<br /><br /><br /><br />さて、そんな最強のふたりの挿入歌として、<br />「Earth,Wind&Fire」の曲が度々使われています。<br /><br />もうね。<br />抜群にいいわけです。<br />Earth,Wind&Fireが流れるタイミングが。<br /><br />他の挿入歌も、選曲が抜群にいいのですが、<br />Earth,Wind&Fire好きなんでなおさらに興奮するわけです。<br /><br /><br />ところで前田はロックを中心に洋楽好きなんですが、<br />実は洋楽にハマったきっかけは、<br />Earth,Wind&Fireだったりします。<br /><br />Earth,Wind&Fireに出会ったのは、<br />小学校5年か6年ぐらいのときだったと思います。<br /><br />テレビで「ものまね」系の番組があってたのをたまたま見た際、<br />Earth,Wind&Fireの「Fantasy(邦題:宇宙のファンタジー)」が<br />流れたのです。<br /><br />ものまねとはいえ「Fantasy」を初めて聞いて<br />「何てかっこいいんだ!世の中にはこんな音楽があったんだ!」<br />と衝撃をうけたのを覚えています。<br /><br /><a href="http://www.youtube.com/watch?v=O-rzL48_Y5Y" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;font-size:large;&quot;&gt;&lt;strong&gt;Fantasy(宇宙のファンタジー)&lt;/strong&gt;&lt;/span&gt;"><span style="font-size:large;"><strong>Fantasy(宇宙のファンタジー)</strong></span></a><br /><br />それまで、音楽は人並みに好きではありましたが、<br />これといって強い興味を持ったり、<br />熱心に聞き入ったりしたことはありませんでした。<br /><br />そういう意味では自分の音楽人生に革命をもたらしたのが<br />この「Fantasy」だといっても過言でありません。<br /><br />このとき、はじめて音楽というものに出会ったような、<br />はじめてまともに音楽と向き合ったように思えます。<br /><br />というわけで、<br />今回おすすめの1曲は「Fantasy」。<br /><br />と言いたいところですが、<br />あえて最強のふたりの挿入歌である<br /><strong><a href="http://www.youtube.com/watch?v=_jLGa4X5H2c" target="_blank" title="「boogie wonderland」">「boogie wonderland」</a></strong>をオススメします。<br /><br />この曲が流れたシーンでは、<br />嬉し泣きのような涙をこぼしながら<br />一緒に踊りだしたい気分になりました。<br /><br /><br />映画で「嬉し涙」を流すって、不思議な感じ。<br />最強のふたりと、Earth,Wind&Fireに乾杯。
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。