ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1374' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
283

マイ・フレンド・マイケル

みなさんこんにちは。マエマエコンビの疲れた笑顔のほうこと、前田です。別名、梓書院のチェシャ猫。さて、そんなわけで今回も本のご紹介です。今回紹介するのは、梓書院の武道派であり、舞踏派の前田ならではの1冊。『マイ・フレンド・マイケル』(フランク・カシオ著)本著は、マイケル・ジャクソンと、幼少期から家族ぐるみの付き合いがあり、一時はパーソナルマネージャーとして一緒に仕事をしていたフランンク・カシオという... みなさんこんにちは。<br />マエマエコンビの疲れた笑顔のほうこと、前田です。<br /><br />別名、梓書院のチェシャ猫。<br /><br />さて、そんなわけで今回も本のご紹介です。<br /><br />今回紹介するのは、梓書院の武道派であり、舞踏派の前田ならではの1冊。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-43.fc2.com/a/z/u/azusashoin/201303291930482cb.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-43.fc2.com/a/z/u/azusashoin/201303291930482cb.jpg" alt="ビズナビ12月号" border="0" width="200" height="294" /></a><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB-MJ%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%9F%E6%97%A5%E3%80%85-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%82%AA/dp/4864101787" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;font-size:large;&quot;&gt;『マイ・フレンド・マイケル』(フランク・カシオ著)&lt;/span&gt;"><span style="font-size:large;">『マイ・フレンド・マイケル』(フランク・カシオ著)<br /></span></a><br /><br />本著は、マイケル・ジャクソンと、幼少期から家族ぐるみの付き合いがあり、<br />一時はパーソナルマネージャーとして一緒に仕事をしていた<br />フランンク・カシオという人物が書いたものだ。<br /><br />良いも悪いも、表も裏も、<br />今まで決して明るみに出ることのなかった<br />人間マイケル・ジャクソンのありのままの姿を<br />「体感」できる一冊である。<br /><br /><br />本著はマイケル・ジャクソンについて書かれた本であるが、<br />あくまでフランクの自伝であるところが非常に面白い。<br />フランクを通して、マイケルのいる生活、マイケルの住む世界、<br />そしてマイケルがどんな人物であるかということを<br />まさに肌で体感できるのである。<br /><br />本書のなかでマイケルは、本を読みたがらないフランクに<br />「本を読まなければ、一生、愚かなままで終わってしまうよ」と<br />忠告するような一面も見せている。<br /><br />マイケルの自分自身や仕事に対する<br />ストイックさもさることながら、<br />子どもへの愛情のそそぎかた、そしてその教育方法など、<br />人間として学ぶべきことは非常に多い。<br /><br />マイケル・ジャクソンファンの一人として、<br />真実のマイケルを見てほしい、と願うとともに、<br />人間マイケルから学ぶことの多さをかみしめてほしいと思う。<br /><br /><br />(前田)
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。