ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1374' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
45

友人をめぐる冒険

先日から、村上春樹の『羊をめぐる冒険』を読んでいます、杉野です。その中で、登場人物の女性が、レストランで主人公にこう訊ねる場面があります。「まずあなたのことを知りたいな」主人公は自分の人生はあまりにも平凡だから、話すに足らないと断ります。女性は、なおもねだります。「いいから十分間話して」この場面にとても興味を持った私は、会う人会う人、同じ質問をしてみました。予想しないでもなかったのですが、もちろん... 先日から、村上春樹の『羊をめぐる冒険』を読んでいます、杉野です。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />その中で、登場人物の女性が、レストランで主人公にこう訊ねる場面があります。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-34.fc2.com/a/z/u/azusashoin/DX143_L.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-34.fc2.com/a/z/u/azusashoin/DX143_L.jpg" alt="DX143_L.jpg" border="0" width="480" height="640" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />「まずあなたのことを知りたいな」<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />主人公は自分の人生はあまりにも平凡だから、話すに足らないと断ります。<br /><br /><br />女性は、なおもねだります。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />「いいから十分間話して」<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />この場面にとても興味を持った私は、会う人会う人、同じ質問をしてみました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />予想しないでもなかったのですが、もちろん同じ質問が返ってきます。<br /><br /><br />起承転結をつけて(できれば、「ほぉ!」と言われるオチもつけて)、話せればいいのですが、なかなか難しいものです。<br /><br /><br />文章にするのは大丈夫なのですが、話すとなると、なかなか上手くいかないものです…<br /><br /><br />とはいえ、みなさんとても面白く話してくださり、しかも「そんなことが!?」という新たな発見があったりと、とても楽しいものでした。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />私が訊ねた方も、別の方数人に質問したそうですが、皆が皆「十分間話すほどの人生ではありません」と、話してくださらなかったそうです。<br /><br /><br />ひとつ学んだことは、十分は結構な時間で、七分くらいがベストだということでした。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />映画解説の淀川長治さんが、昔おっしゃった言葉で印象に残っているものを思い出しました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />「つまらない映画はない」<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />というのも、<br /><br /><br />「例えばあの男優のタバコの吸い方がカッコイイだとか、あの女優の仕草や、立居振舞い、着こなしがエレガントだとか、このシーンのこのカットが目に焼き付いた だとか、映画には他にもいっぱい見るべきところがある。」<br /><br /><br />からだそうです。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />それは、書籍にもあてはまるように思います。<br /><br />(決して、村上春樹の小説がつまらないわけではありません!)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />とはいえ、私にも、唯一挫折した本があります。<br /><br /><br />つまらないとかいう以前に、文体が生理的に受けつけませんでした。。。<br /><br /><br /><br />裏面のあらすじでは面白そうだったのに…<br /><br /><br /><br />日蝕:平野 啓一郎<br /><br /><br /><br /><br />今読んでみたら、また違うのかも…<br /><br /><br /><br /><br /><br />羊をめぐる冒険は、私の友人をめぐる冒険のプロローグのようです。<br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2010-01-21 (Thu)
  • Category : 未分類
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。