ついったーはじめました。
プロフィール

梓書院

Author:梓書院
九州・福岡の出版社、梓書院のスタッフによるブログです。出版のご用命は当社まで。

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1374' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
15

はじめに

このブログは、福岡の出版社・梓書院のスタッフによる日々のつれづれや小ネタを詰め込んだものです。ご興味がありましたら、是非本サイトもご覧ください。梓書院ホームページへ ... このブログは、福岡の出版社・梓書院のスタッフによる<br /><br />日々のつれづれや小ネタを詰め込んだものです。<br /><br />ご興味がありましたら、是非本サイトもご覧ください。<br /><br /><a href="http://www.azusashoin.com/index.html" target="_blank" title="梓書院ホームページへ">梓書院ホームページへ</a><br /> 
  • Date : 2019-01-01 (Tue)
  • Category : 未分類
324

蔵出し特捜隊

本日私は蔵出し特捜隊。いざ行かん、久留米へ。向かうは菊竹金文堂。福岡は天神の北に位置する書店、書斎りーぶるの本社であります。毎日のように、さまざまなイベントを行なう書斎りーぶる。そんなりーぶるは、今年の9月で3周年を迎えます。3周年を迎えるにあたり本好きがりーぶるに集合。夜な夜な話し合い、題して「角打ち本屋さん」という企画が出来上がりました。仕事帰りにちょっと一冊。お酒のアテに、この一冊。今回、「角... <div style="text-align: center;"><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/20140823_2.gif" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/20140823_2.gif" alt="20140823_2.gif" border="0" width="471" height="393" /></a></div><div style="text-align: center;"><br /><br /><div style="text-align: center;"></div><div style="text-align: center;"><br />本日私は蔵出し特捜隊。<br />いざ行かん、久留米へ。<br /><br />向かうは菊竹金文堂。<br />福岡は天神の北に位置する書店、<br />書斎りーぶるの本社であります。<br /><br />毎日のように、さまざまなイベントを行なう書斎りーぶる。<br />そんなりーぶるは、今年の9月で3周年を迎えます。<br /><br />3周年を迎えるにあたり<br />本好きがりーぶるに集合。<br />夜な夜な話し合い、<br />題して「角打ち本屋さん」という企画が出来上がりました。<br /><br /><br />仕事帰りにちょっと一冊。<br />お酒のアテに、この一冊。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/20140823_5.gif" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/20140823_5.gif" alt="20140823_5.gif" border="0" width="425" height="427" /></a><br /><br /><br />今回、「角打ち本屋さん」にふさわしい本を探すため<br />菊竹金文堂の秘蔵書を捜索にやってまいりました。<br /><br />軍手をはめ<br />レタスクラブのエプロンを装備し<br />ダンボールを開くと<br />出るわ出るわ。<br />こんな本やあんな本。<br /><br />本好きはだまってはいられません。<br />あれやこれやと話しながら、<br />捜索はつづきます。<br /><br />この本たちが<br />どうなるのか。<br />どんな本が並ぶのか。<br />ぜひ楽しみに。<br />10月の書斎りーぶるにお越しください。<br /><br /></div><div style="text-align: center;"><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/20140823_1_20140826183918f8a.gif" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/20140823_1_20140826183918f8a.gif" alt="20140823_1_20140826183918f8a.gif" border="0" width="389" height="360" /></a></div><div style="text-align: center;"></div></div>
  • Date : 2014-08-27 (Wed)
  • Category : 未分類
319

わたしのこまいぬコレクション

こまいぬのガチャガチャがあったら、ぜったいに全種類そろえてやる。そんな心づもりです。福岡県宗像市 日吉宮ちょっとおちゃめ。しっぽもかわゆいの。福岡県北九州市 須賀神社のぼりたいの。おりたいの。北九州市小倉南区 葛原神社こまいのしし。福岡県久留米市 須佐能袁神社?なまずですか? 佐賀県唐津市 鏡神社?なんて威勢のいい子。大分県玖珠郡九重町 小倉神社?つぶらな瞳に騙されて。大分県宇佐市 宇佐八幡宮おど... <br />こまいぬのガチャガチャがあったら、<br />ぜったいに全種類そろえてやる。<br />そんな心づもりです。<br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/munakata_hiyosigu_2.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/munakata_hiyosigu_2.jpg" alt="munakata_hiyosigu_2.jpg" border="0" width="250" height="334" /></a><br />福岡県宗像市 日吉宮<br />ちょっとおちゃめ。しっぽもかわゆいの。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/sugajinja_1_1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/sugajinja_1_1.jpg" alt="sugajinja_1_1.jpg" border="0" width="423" height="310" /></a><br />福岡県北九州市 須賀神社<br />のぼりたいの。おりたいの。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/kuzuharajinja.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/kuzuharajinja.jpg" alt="kuzuharajinja.jpg" border="0" width="250" height="195" /></a><br />北九州市小倉南区 葛原神社<br />こまいのしし。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/20140708204707763.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/20140708204707763.jpg" alt="kurume_須佐能お神社" border="0" width="250" height="188" /></a><br />福岡県久留米市 須佐能袁神社?<br />なまずですか? <br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/saga_kagamijinja_3.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/saga_kagamijinja_3.jpg" alt="saga_kagamijinja_3.jpg" border="0" width="250" height="334" /></a><br />佐賀県唐津市 鏡神社?<br />なんて威勢のいい子。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/kokonoemati_ogurajinja.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/kokonoemati_ogurajinja.jpg" alt="kokonoemati_ogurajinja.jpg" border="0" width="250" height="334" /></a><br />大分県玖珠郡九重町 小倉神社?<br />つぶらな瞳に騙されて。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/usahachiman.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/usahachiman.jpg" alt="usahachiman.jpg" border="0" width="250" height="391" /></a><br />大分県宇佐市 宇佐八幡宮<br />おどるこまいぬ。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/isahaya_takagijinja_1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/isahaya_takagijinja_1.jpg" alt="isahaya_takagijinja_1.jpg" border="0" width="250" height="334" /></a><br />長崎県諫早市 高城神社<br />君ににひとめぼれ。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/fumei_a_1.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/fumei_a_1.jpg" alt="fumei_a_1.jpg" border="0" width="250" height="334" /></a><br />不明<br />縦ロールがいっかしてるー。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/manekineko.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/manekineko.jpg" alt="manekineko.jpg" border="0" width="250" height="387" /></a><br /><br />『福岡県の巨樹・巨木ガイド』<br />『山口県の巨樹・巨木入門ガイド』<br />『福岡県の厳選巨樹・巨木巡り』<br />をつづけて担当して。<br /><br />そして現在<br />『九州の厳選巨樹・巨木巡り』を編集中です。<br /><br />そんな巨木の取材中、<br />巨木よりも夢中になったのがこまいぬ。<br /><br /><br />ちなみに、今一番のおすすめは<br />長崎の高城神社。<br />出会った瞬間ひとめぼれです。<br /><br />
  • Date : 2014-07-08 (Tue)
  • Category : 未分類
312

も・よ・う・が・え

お気づきでしょうか?未だ寒さも残る3月半ばのころ。梓書院の応接スペースが一新されました。ヨコからタテへ。そして4月に入り、20数年ぶりにシクラメンが開花したころ。会議スペースがWEB事業部へと変身。梓書院では模様替えが行われていたのでありました。プリンターが一台増え、新入社員も2人入り、なんともフレッシュな梓書院となったのです。... <br /><br />お気づきでしょうか?<br /><br />未だ寒さも残る3月半ばのころ。<br />梓書院の応接スペースが一新されました。<br />ヨコからタテへ。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/ousetsu_2014051617230780c.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/ousetsu_2014051617230780c.jpg" alt="ousetsu_2014051617230780c.jpg" border="0" width="510" height="383" /></a><br /><br /><br /><br />そして4月に入り、20数年ぶりにシクラメンが開花したころ。<br />会議スペースがWEB事業部へと変身。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/web_20140516172308784.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-69.fc2.com/a/z/u/azusashoin/web_20140516172308784.jpg" alt="web_20140516172308784.jpg" border="0" width="510" height="382" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br />梓書院では模様替えが行われていたのでありました。<br /><br /><br /><br /><br /><br />プリンターが一台増え、<br />新入社員も2人入り、<br />なんともフレッシュな梓書院となったのです。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2014-05-16 (Fri)
  • Category : 未分類
313

14

今回ブログ担当の副島です。題名の数字は何かと問われれば、これが副島が梓書院に入社して世に出した書籍の数になります。正確に言えば、担当は違うけれども編集だけ手がけたものなどもありますので、実際の仕事としてはもう少し数が違うものになるかもしれません。他にも、会社の記念誌や会報誌の制作のお手伝いをさせていただいたことや、フリーペーパーの企画・制作、またチラシのような軽印刷品のデザインなども手がけさせてい... 今回ブログ担当の副島です。<br /><br /><br />題名の数字は何かと問われれば、これが副島が梓書院に入社して世に出した書籍の数になります。<br /><br />正確に言えば、担当は違うけれども編集だけ手がけたものなどもありますので、<br />実際の仕事としてはもう少し数が違うものになるかもしれません。<br /><br />他にも、会社の記念誌や会報誌の制作のお手伝いをさせていただいたことや、フリーペーパーの企画・制作、<br />またチラシのような軽印刷品のデザインなども手がけさせていただきました。<br /><br />そして、弊社の看板雑誌である『季刊邪馬台国』。<br /><br />こちらについても特集の編集などをさせていただきました。<br /><br />何度か編集後記も書かせていただき、「ああ、編集後記の」とお声を掛けていただくこともあり、<br />色々な方の目に触れている事を嬉しく思ったこともあります。<br /><br />手がけさせていただいた本の一つ一つに思い出があります。<br /><br />苦労したことや、悩んだこと。そして、喜んでいただいたこと。<br /><br /><br /><br /><br />本の編集に携わらせていただいて感じたことは、文字の向こうには人がいるということでした。<br /><br />文字を作る側には、伝えたい思いを持った著者の方が。<br /><br />文字を読む側には、その本を待っている読者の方が。<br /><br />本をつくるということはただ原稿を印刷するだけでなく、「想いを形にすること」だと感じます。<br /><br />勿論、妥協無く思い通りに、ということは費用も時間も、沢山の制限があって難しいことです。<br /><br />それでも出版社は、著者と読者を良い形でつなげる役割で有れればと思います。<br /><br /><br /><br /><br />このたび、副島は4月末を持ちまして梓書院を離れることとなりました。<br /><br />4年半と少しの間、今まで本を通して、ご縁をいただいた多くの方に感謝申し上げます。<br /><br />また、このブログを通して見てくださった方もありがとうございました。<br /><br />今後とも梓書院とその出版物をどうぞよろしくお願いいたします。<br /><br /> 
  • Date : 2014-04-30 (Wed)
  • Category : 未分類
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。